文章を発信(提出)する前に行うこと

◆プライベートな文章

個人的なブログやSNS、LINEに文章を発信するときには、思いのまま、自由に好き勝手に文章を書いて良いと思っている方が多いようです。
でもインターネットを介して発信する場合には、秘密の日記を書くような場合とは事情が異なるので注意する必要があります。

ネットに発信するということは、たとえ後で削除したとしても、ダウンロードされた文章が永遠に残ってしまうこともあるのだということをお忘れなく。
また読み手のことを考えるなら、文章を書く前と発信する前に、一度深呼吸をして、文章を読み返す心のゆとりが必要になります。

読み手を無用に傷つけたり、嫌な思いをさせたりしないか。
不愉快な思いをする人がいないかと、想像力を駆使することも必要。
文章を書くときには、リアルな人間関係と同じ気遣いが必要なのです。

◆ビジネス用の文章

とくにビジネス用の場合、書き上げた文章を提出したり、発信したりする前には必ずコピペのチェックをしましょう。
自分で書いた文章がコピペしたものでないかどうかをチェックするなんて、おかしいと思うかもしれませんね。
けれども自分ではそのつもりがなくても、万一、同じ文章がWeb上に存在していたら。
ビジネス用の文章で言い訳はできません。
コピペチェック用のソフトを活用して、簡単なチェックだけでもしておけば安心です。

コピペチェックのほか、文中で使用した情報に誤りがないかどうかのチェックも、当然のことながら必要ですし、文章の校正も重要です。
また法令に違反するような表現をしていないかどうかについても、チェックするようにしましょう。

◆依頼を受けた原稿

依頼を受けた原稿を提出する前にも、ビジネス用の文章と同じようにコピペチェックは欠かせません。
また文章の校正や情報の確認、法令チェックも欠かせません。
お客様に提出してしまってからでは修正や訂正はできません。
何度でもチェックして、間違いのないように気をつけましょう。

個人的な文章とは違い、
ビジネス用や依頼を受けて書いた文章に誤りがあった場合には、書き手である自分だけでなく、
会社やお客様の信頼をも傷つけてしまうことになります。
お客様にとってプラスになる原稿を仕上げたつもりでも、1つの誤りによってプラスどころかマイナスの結果となってしまうのです。
それを避けるためにはとにかく何度でもチェックを繰り返すことが必要。
文章を提出する前に書き手としての責任でしっかりと文章を校正しましょう。

カテゴリー: 読んで良かったと思われる文章を書くためのノウハウ パーマリンク