ビジネス用の文章や依頼を受けた原稿を書くときの心構え

◆ビジネス用の文章を書くときの心構え

自社のウェブサイトに掲載するための文章を書くときや、
顧客に向けたメッセージを書くときなど、
ビジネスのための文章を書く機会は多いと思います。

メールやブログなど、個人的な文章を書くことには慣れていても、
ビジネス用の文章というのはまた別。

法律やビジネスマナーなど、
さまざまな点に気をつけなければなりません。
ここではビジネス用の文章を書くときの心構えについてご紹介したいと思います。

1.法律やマナーを守ろう

法律やマナーを守るということは、
プライベートな文章を書くときと同じように、
ビジネス用の文章を書くときにも大原則となります。

とくにビジネスの場合には信頼が第一。

その信頼を損なうことなく、
より厚い信頼を得ることができるよう真摯な文章を書くよう心がけたいものです。

ビジネスの場合にはプライベートの場合よりも多くの法令を知っておく必要があります。
とくに景品保護法や商標権、薬事法など、
ビジネス分野に応じた法令や判例を把握しておくようにしましょう。

また一般的なビジネスマナーはWebの文章を書く際にも有効です。
社内の文書、お客様へのご挨拶や営業、取引先へのご挨拶や通知など、
用途に合わせたマナーを心がけたいものです。

2.正しい情報を

ビジネス用の文章を書く際には、
正しい情報を心がけることが重要になります。

虚偽の内容を掲載すれば、信頼を損なうことになりますし、
場合によっては罪を犯していることにもなりかねません。

文章の内容やその基となる情報については、
必ずその信ぴょう性をチェックするようにしましょう。

3.費用対効果を考える

ビジネスのための文章は費用対効果を念頭に置いて書く必要があります。
書くのに時間がかかり過ぎたり、分かりにくい文章であったりするのはNG。

営業を目的とした文章であるなら、その成果も出さなくてはなりません。

費用対効果をターゲット設定し、
反応を引き出すことのできる魅力的で効果的な文章を目指しましょう。

◆依頼を受けた原稿を書くときの心構え

依頼を受けて原稿を書くときには、

自社のための文章を書くときにも増してさまざまな注意が必要です。
依頼人からお金をいただいて原稿を上げることに対する、プロとしての心構えも必要。

プロ意識を高く持ち、
依頼人の期待に沿う文章を仕上げることを全力で目指したいものです。

1.法律やマナーを守ろう

法律やマナーについては、
依頼を受けた文章を書く場合にも、
もっとも重要なのが法律やマナーを守ることになります。

とくにプロとして文章を書く際の心構えとしてもっとも大切なのが、
お客様のことを第一に考えるということ。
法律やマナーを守り、お客様を守るということです。

万が一にも自分の書いた文章でお客様に迷惑がかからないよう、
細心の注意をはらう必要があります。

2.第一は依頼人の要望

ついで重要なのは、依頼人の要望を的確に把握すること。
そのうえで要望に沿った文章を書きあげることが重要になります。

依頼人の要望を把握するためには、
依頼内容を文書にしてもらったり、的確なヒアリングをしたりすることが必要。

必要なのは文章を掲載するウェブサイトや文章のテーマ、キーワード、ターゲットなどです。
ほかに文字数や文書の形態など、細かな点についても確認しておきましょう。

依頼人の要望に沿った文章を書くために必要な内容を的確に聞き取り、
その要望にマッチした文章を目指しましょう。

3.プロとしての付加価値を

依頼を受けた文章を書くときには、
まずは依頼人の要望を形にすることが重要です。

ですが、ただ要望を文章にするだけなら、誰にでもできますよね。

依頼を受けてお金をいただくからには、
プロの仕事であるとお客様に実感していただけるだけの付加価値が必要となります。

プロとしての付加価値といっても、そこにはそれぞれのこだわりがあるはず。
たとえば自分にしか書けない個性的なタッチの文章を書くとか、
情報収集能力を発揮してさまざまな情報を盛り込むとか。

依頼人の望む文章にそうした価値を付け加えることで、文章に厚みがでるのです。

4.徹底的に校正と推敲を

文章を書く者として、
「校正(文章の誤りや不備を正すこと)」と
「推敲(文章をよくするために何度も書き直すこと)」という行為は、
当たり前のことですよね。

睡眠や食事と同じように日常的な行為であるといえます。

それはプライベートでも、ビジネス用であっても、
文章を書いて発表する際には同じこと。

でも依頼を受けた文章の場合には、さらに一歩踏み込んで、
校正と推敲の回数と精度を増すことが必要になります。

何度見直しても誤りや書き直しはでてくるものですが、
文章のクオリティを上げるためにはその繰り返しが欠かせません。
プロとしての誇りをかけて、執念深く文章を磨きあげましょう。

カテゴリー: 読んで良かったと思われる文章を書くためのノウハウ パーマリンク