大切なのはツールに合った文章を書くこと

近年はスマートフォンやタブレットPCの普及が進み、
ネットの閲覧スタイルも多様化しています。
そのためWebライティングの際にはユーザーがどのような画面で文章を読んでいるのかを想定し、
それぞれに最適な文章の書き方を学ぶ必要がでてきました。
パソコンとスマートフォンでは画面の仕様や機能面で違いがあります。
また使用する際の環境も違ってきます。
それぞれツールの特徴を知り、最適な文章を書くよう心がけましょう。

◆パソコン

○その特徴
持ち歩くタイプのスマートフォンとは違い、パソコンは机の上に置いて操作するものです。
そのため自宅や職場で腰を据えて作業をするときに使用することが多いようです。

たとえば映画や動画などを観賞したり、画像編集に使用したり、調べ物をしたり、仕事をしたり。
パソコンを使用する方のなかにはハードディスクの容量を上げていたり、
ディスプレイを大型なものにしていたりと、
こだわりを持って使用している方がいるようです。

スマートフォンやタブレットPCよりもディスプレイが大きく、
キーボードやマウスを使うために操作性が高いといったメリットがあります。

○パソコン用の文章
Webの普及はハイパーリンクという機能によるところが大きいと言われています。
Web上ではパソコンいう操作性の高いツールのメリットを最大限に活かして、
自由にサイトを飛び回ることができます。

ユーザーは画面を見て自分に必要がないと思ったり、
見にくいページであったりすれば、すぐに他のページに飛んでいってしまいます。
そのためパソコン用のWebライティングでは視認性の高さが重要です。
視認性を高くするため、パソコン用の文章を書く際には、以下の4点に注意するようにしましょう。

○パソコン用の文章の注意点
・文章を細かく区切り、一文を長くしない
・1つの段落は4~5行でまとめる
・なるべく行間を空けて読みやすく配置する
・見出しを入れて要点を分かりやすくする

◆スマートフォン

○その特徴
スマートフォンの最大の特徴は、
携帯電話にパソコンの機能が付加され、手軽に持ち運べるようになったこと。
いつでもどこにでも持ち歩くことができて、通話だけでなく、
メールやWeb閲覧、写真や動画の撮影、さまざまなアプリの使用など、
その機能は多種多彩です。

スマートフォンでWebを閲覧する際にはPCサイトをそのまま見ることもできますが、
拡大しないと読みにくかったり、リンクがタップしにくかったりします。
そのためスマートフォン専用に制作されたサイトを閲覧する方が多いようです。

○スマートフォン用の文章
スマートフォン用の文章も基本的に注意する点はパソコン用の文章と同じです。
ただしスマートフォンには画面が小さく、外出先で使用している場合が多いという特徴があるため、
さらに読みやすい工夫が必要になります。

また画面が小さいスマートフォンではまとまった文章は読みにくいというイメージがありますが、
じつはその逆である場合も。パソコンでWebをチェックするときほどリンクを使用せず、
集中して読み込まれる場合もあるからです。

スマートフォン用の文章を書く際には以上の点に留意してターゲットを絞り、
それに合った構成にすることが必要。
ひと目で理解できるキャッチーで読みやすい文章にするのか、
中身の濃い長文コンテンツにするのか。
ターゲットと目的に応じて文章を書き分けるようにしましょう。

○スマートフォン用の文章の注意点
・ひと目で理解できるキャッチーな文章
・中身の濃い長文コンテンツ
以上の2タイプをターゲットや目的に応じて適宜使い分ける。

読者のことを第一に考え、
より多くの人々に情報を伝えたいなら、
読者が使用するであろうツールを想定して文章を書くことが重要になります。

とくにウェブライティングの技をビジネスで活かしたいなら、
文章が掲載されるメディアと読者が使用するツールを想定し、
それに合った体裁で文章をまとめるようにしましょう。

カテゴリー: 読んで良かったと思われる文章を書くためのノウハウ パーマリンク