読んで損した!と思われる文章を書かないように

キーワードで検索したはずなのに全く無関係な文章だと分かったとき、

世の中への不満や愚痴を長々と書き連ねた文章に出会ってしまったとき、

途方もない徒労感を感じた経験は誰にでもあると思います。

そんな経験をする読者を1人でも減らして、

みんなが満足できるネット環境を構築したいものですよね。

記事作成の仕事をするということは、その作業にひと役買うということ。

ここでは私が読んで損をした!と感じた経験をもとに、NGな文章の特徴をあげてみたいと思います。

①ネガティブな文章

ネットで文章を読んだときにどうしようもなく暗い気持ちになったり、

厭世的な気分になったりした時には、

偶発的な事故に遭ったようなものだと諦めるしかありません。

でもせめて自分が書く文章くらいはそうならないよう心がけたいものです。

・愚痴

人間関係や仕事など、生活の愚痴を延々と書き連ねた文章というのは、

ネット上の害悪以外の何物でもありません。

とはいえ、ときにブログやSNSで愚痴をこぼしたくなる気持ちは分からないでも・・・。

とにかく低きに流れることのないよう、ユーザー1人1人が心がけるしかないのです。

・悪口・誹謗・中傷

他人の悪口を書いたり、読んだりして楽しくなってしまうのは、

誰しも持っているダークサイドなのかもしれませんね。

けれども反面、悪口を読んで嫌な気分がいつまでも残ってしまうこともあるのではないでしょうか。

ネットに掲載した文章は永遠に消えません。

他人の悪口や誹謗、中傷は書かないようにしましょう。

・攻撃的

必要な場合に批判や意見を述べるのは良いことですが、

あまりに攻撃的な文章は読者を遠ざけるものです。

とくに記事作成の依頼を受けて文章を書く場合には、攻撃的な文章は避けるようにしましょう。

②信頼性の低い情報

伝聞で入手した信頼性の低い情報を文章に使用すると、

その文書自体の信頼性も疑われかねませんので、絶対に避けるようにしましょう。

③ひたすら主観的な文章

自分の主張ばかりを書き連ねた文章は人を寄せ付けないものです。

常に読者の存在を意識することを忘れないよう、

読者を置いてけぼりにすることのないよう、心がけたいものです。

カテゴリー: 読んで良かったと思われる文章を書くためのノウハウ パーマリンク