読んでヨカッタ!と思える文章

読者に読んでヨカッタと思える文章を書くには、

まずは自分が読んでヨカッタと思える文章を想定してみましょう。

ここでは私が読んでヨカッタと思う文章の特徴から、記事作成のコツをご紹介してみたいと思います。

①最新情報

最新のニュースや季節の情報、アップツーデートな情報にはそれだけで価値があります。

とくに興味のない話題であっても、その時々の最新情報であれば目にしておいて損を感じることはありません。

最新情報ならどんな読者であっても損をさせずに済むのではないでしょうか。

記事に最新情報を盛り込めば他にもメリットが。

SNSでは記事の鮮度が命ですが、ニュースネタなどの最新情報を盛り込むことで、

ライブ感をアピールすることができます。

またネットを活用すれば手軽に最新情報を入手することができるので、ネタをゲットすることも比較的容易です。

②ポジティブな情報

文章を読んだときに得した気分になれたら嬉しいものですよね。

だから記事を作成する際には、

お得な情報や知識を深めることができる情報などといったポジティブな情報を盛り込むことが大切です。

・お得情報

読者にお得な気分になってもらうためには、お得な情報を盛り込むことが大切。

たとえば、健康や経済の話題や社会的に注目されている話題、

お花見や花火大会などの季節のイベント情報、コンサートやフェスなどのイベント情報、

バーゲンやセールなどのお買いもの情報やキャンペーン情報など。

役立つ情報をお届けすることで、読者にお得な気分を感じてもらうことができます。

・知識
人には知識欲というものがあります。

たとえそれがいますぐ役立つ情報でなくても、興味深かったり、含蓄に富む情報であったりすれば、

満足を感じるはず。

物事の歴史的な背景、スペック、ウンチクなど、人々の知識欲を刺激するような情報を文章に盛り込むことで、

その魅力がアップします。

③楽しい文章

世の中には最新情報でもなく、なんの役にもたたないのに、

ただ読むだけで楽しい気分になれる文章というものが存在します。

そんな文章に出会えると、とても幸福な気持ちになれますよね。

物語的な面白さを持つ文章、ユーモアやウィットに富んだ文章、鋭い刺激を含んだ文章など、その面白みはさまざまですが、いずれも書き手のセンスが問われます。

④テーマが明確な文章

記事のテーマを明確に打ち出すことも重要です。

言いたいことが明確になっていれば、読者はすぐにその文章が自分に関係があるのかどうかを判断でき、

貴重な時間を無駄にせずに済みます。

⑤ターゲットをしぼった文章

記事のテーマに合わせて、読者のターゲットを想定して文章を書くことも重要なテクニックの
ひとつです。

明確なターゲット像があれば、それに合わせてさまざまな情報を盛り込むことができます。

読者に読んでヨカッタ!と思っていただくため、

今後はさまざまな文章を読み、自分がどう感じるのかを確かめてみることも大切ですね。

カテゴリー: 読んで良かったと思われる文章を書くためのノウハウ パーマリンク