ウェブの罠に要注意!

この9月、Appleのクラウドサービス『iCloud』から、
ハリウッド女優などの有名人のプライベート写真が流出し、
何者かによって公開されてしまうという事件が話題となりました。
画像流出の手口は明らかになってはいないようですが、
被害者のアカウント情報を入手した、
第三者によって行われたものであるようです。

また最近はLINEの乗っ取り事件でも、
多くの被害者が出ているようです。
よく耳にするのは、
乗っ取られたアカウントから、
「近くのコンビニでWebMoneyのプリペイドカードを買うのを手伝って」
というメッセージがくるなどして、
ウェブマネーをだまし取られてしまうという被害。

LINEの人気につけいる卑怯な犯罪ではありますが、
被害に遭わないようにするためには、
利用者側もIDやパスワードなどセキュリティについて、
注意すべきだと思います。

ウェブを巧みに利用した犯罪は、
情報の流出や乗っ取りばかりではありません。
内職や副業商法といった詐欺被害も多いようです。

ウェブを悪用した副業商法というのは、
「自宅で記事を書くだけで月30万円稼げます!」
といった甘い謳い文句でアルバイトを募集し、
登録料や研修費、
サイト開設費などの名目で金銭を請求してくるなどの詐欺商法。

被害に遭った方のなかには、
数百万円の費用を支払ってしまったという方もいるそうです。

昨年、虚偽の求人募集を掲載して、
応募者に悪質な勧誘で高額な契約をさせていたと、
業務停止処分を受けた業者もあります。

国民生活センターのウェブサイトには、
詐欺的サクラサイト商法トラブルについての、
注意喚起が掲載されています。

サクラサイト商法というのは、
サイト業者に雇われたサクラが、
異性や芸能人、社長などのキャラクターになりすまし、
消費者をサイトに誘導して、
メール交換などの有料サービスを利用させるサイトのこと。

サクラサイトのような詐欺に関わってしまうと、
被害者として不当な支払いを請求されるばかりではなく、
サクラとして悪事に加担させられたりする恐れもあります。

ウェブライターを志すなら、
ウェブを活用して仕事をしたい、
と考える人々の気持ちを悪用する手口には、
とくに注意しなければなりませんね。

インターネットの便利でなくてはならないもの、
といったメリットの裏側には、
怖い罠も潜んでいます。
日頃から関係するニュースなどをチェックするようにして、
注意したいものです。

ここで協会からのお知らせがあります。

Webライティング協会では、

Webに関わる社会人としての一般常識や正しい日本語、

効果的なWebライティングの方法、法律、炎上対策などのスキルを身につけることができる、

『第4回 Webライター技能士検定』の受検生の応募受付中です。

■第4回 Webライター技能士検定お申込み締切り: 2014年11月25日
ここから⇒ http://wwkentei.com/

ウェブに潜む罠にハマることを防ぐため、

法律関係の知識を身につけることもできますので、

是非、ご検討くださいね。

カテゴリー: コラム パーマリンク