一般社団法人日本WEBライティング協会

 HOME < 記事作成代行サービス

記事作成代行サービス

今問題のまとめサイト(キュレーション)記事のようなゴミ記事量産は自殺行為!!
今までもこれからもユーザー目線で質の高い記事制作を行います!!

当社の記事作成が選ばれる7つの理由:1)関連会社を含め10年で約5万記事作成の実績と経験2)片手間の在宅ライターなどではなく、協会が直接採用した専属の熟練スタッフが作成3)厳選した採用(倍率10~20倍)により基礎能力の高い人を確保4)原則、調査時間と執筆時間を自由にして、読者から「読んで良かった」と思われる質の高い文章を書くことに専念5)協会が提供する様々な教育システムや膨大な過去の事例を共有6)数名のチームを組むことができ、視点の違う多様な記事を書くことができる7)SEOに適した文章を書くことができ、ブログへの直接投稿などにも柔軟に対応

記事作成代行サービスを行っています

専門の熟練スタッフが執筆いたします

片手間の在宅スタッフではなく、弊社に通って会社内で記事作成を行う熟練スタッフが担当いたします。
現在12名のスタッフがおりますが、厳選した採用を行ったうえ(倍率10~20倍)適正を見極め、訓練の末、執筆要員を増強しております。 他の文章のコピーアンドペースや、ほとんど意味をなさない文章になる心配がありません。

チームを組むことが
できる

同様のテーマでたくさんの記事作成がある場合、たった1人で質の高い文書を書き続けるのは難しいものです。
協会では記事数や、作成頻度により、2~5人でチームを組むことができます。
これにより、より質が高くかつ様々な視点から個性あふれる記事を作成することができます。

ブログへの直接投稿も可能

記事作成だけではなく、ブログへの直接投稿も行っています。
その際、文字の大きさや改行、段落分けなどにも気を配り、読みやすい文章で投稿いたします。

SEOに最適な文章もお手の物

弊社はSEO業務を中心に行なっており、元々SEOに特化した記事を作成してまいりました。
SEO実績は7年間あり、上位表示実績は多量にあります。

特に2012年に入ってからは検索エンジンの評価仕様がサイト内文章の質や量を重視するようになりました。

発リンクや内容に関するご要望にも
柔軟に対応

ご要望のテキスト(キーワード)で記事中(下も含む)からhtmlによるリンクをいたします。
内容に関しても柔軟に対応いたします。

注1)アダルトなどの一部のジャンルには対応できませんのでご了承ください。
また、高い専門性を必要とするものや、いわゆる「やらせ」の推薦文になるものには対応しておりません

注2)挨拶文やお手紙文章の代行などは行っておりません。

注3)1記事単位のオーダーはお受けしておりません。

※価格はすべて消費税込です

記事作成代行サービスの料金

価格

すべて一度のご注文が50記事以上の場合は10%割引

1000~1200文字

1記事 あたり単価 2,000円
(50記事以上一括申し込みの場合:単価2,000円 →1,800円)

1500~1700文字

1記事 あたり単価 3,000円
(50記事以上一括申し込みの場合:単価3,000円 →2,700円)

2000~2300文字

1記事 あたり単価 4,000円
(50記事以上一括申し込みの場合:単価4,000円 →3,600円)

※注文単位は最低10記事からとなります。
1記事単位のオーダーは受け付けておりませんので予めご了承ください。

※挨拶文やお手紙文章の代行などは行っておりません。

お問い合わせはこちら

お申込みはこちらから

得意分野別(カテゴリ別)ライターを置かない理由

時々、「○○の分野に強いライターさんいますか?
といった分野(カテゴリ、専門)別で得意なライターに関するお問い合わせをいただきます。

当協会では、分野別ライターを置かない方針で運営しています。
それはメリットより弊害のほうが多いためです。

理由は次のことです。

  • 対象分野に詳しいことと、文章として良い文章が書けることは別
  • 詳しい分野ほど高度で初心者に理解しにくい文章になりがち
  • 分野別ライターは「専門家」なので、要求される報酬が高い場合が多い
  • 分野別ライターは他にも類似の文章を書いている場合が多い
  • 能力が高いライターは、精通していない分野であっても高い品質の文章が書ける

ご利用者の感想

阿部フォトグラフィー株式会社
代表取締役:阿部 拓歩様

http://abephoto.co.jp/

着実にジワジワと誠実な積み重ねをする覚悟のある方には本当にオススメ出来るサービスです。

売り上げを上げたい。

経営者なら誰しも思う事だと思います。
スタッフや家族を幸せにするために売り上げを上げるのは経営者にとって重要なミッションです。
そう考えた時にたくさんの選択肢が浮かびます。

広告をしてアクセスを増やすのか、
ホームページの内容を見直し問い合わせの率を上げるのか、
営業マンの教育をして成約率や単価をアップさせるのか。

いつだって方法は無限にあります。
何もしないという選択もある。
その中でブログを外部のライターさんに書いてもらって、SEO対策をしアクセスアップを狙うというのは最も遠回りな手段に思えます。

ブログを外部委託して本当に成果が出るのかどうか。

少なくとも僕は半信半疑でした。
でも、今ではこの目立たない地道な対策こそが圧倒的な成果を生んでくれていると知っています。

ライバルに聞こえるほど大きな声では決して言いませんが(笑)
事実、アクセス数はずっと右肩上がりですし、検索順位もじわじわ上がり続けています。
何より成約件数も昨年の倍のペースで増え続けています

僕はこれからもこの誰も気づかない地道なブログ対策を芳川さんにお願いしたいと思っています。
本当はみんなこの威力に気づかなければ良いのにと思っていますが、芳川さんから感想をくれと言われてしまったので本音を言います。

芳川さんのライティング対策は凄いです。
着実にジワジワと誠実な積み重ねをする覚悟のある方には本当にオススメ出来るサービスです。

芳川さんのクライアントさんがみんな幸せになりますように^ ^

マツミコーポレーション 渡辺様

(株)マツミコーポレーション
エアコンのファミリー 渡辺 偕様

狙ったキーワードで常に安定して1~2位を獲得して居ります。

私共と芳川代表の(社)日本WEBライティング協会様とのご縁は、セミナーに私がお邪魔してからに成りますので、3年ほどのお付き合いと成ります。
芳川代表には、知り合いのホームページを作って頂いた件も有りましたが、当社にとってメインのお付き合いは、現在運営中のホームページ用の記事の寄稿をお願して居ることです。

当社は顧客の80%程をホームページからの集客に頼っております。
したがってネットでの検索順位が下がると言うことは会社の営業成績に直結してしまうのです。
つまりホームページへのSEO対策が必須となっております。

SEOでは今までも種々の対策をしている中で気が付いたのは、検索エンジン対策には定期的な一定数の記事(テキスト)の更新が不可欠だと言う事でした。
そこでテキスト数を安定して増やすにはどうしたらば良いのか、模索しながら其れなりに頑張ってみましたが、自分で出来る範囲に限界を感じていました。

その様な時にに行き逢ったのが、芳川代表の(社)日本WEBライティング協会様だったのです。
当社にとってはまさに渡りに船と言う良運でした。

それ以来安定した良質のテキストを寄稿して頂いて居り、お蔭様で当社の社業である「エアコン工事」「エアコン取り付け」のキーワードで、地域名を入れた限定では無くとも、常に安定して1~2位を獲得して居ります。

俗な言い方をすれば「(社)日本WEBライティング協会」様々でした。
今後とも気配りの利いた良質の寄稿を楽しみに、そして頼りに致して居ります。

そして最後に成ってしまいましたが、何時もお世話に成っておりますご担当のライター様に、心より感謝申し上げます。

ネット通販会社社長(匿名希望)

クオリティがダントツ高かったです

いつもお世話になっております。
御社の記事作成サービスを初めて利用させて頂いたのは2012年頃です。

ちょうどその頃にGoogleの「ペンギンアップデート」「パンダアッフデート」と騒がれ出し、検索順位が下がったので悩んでおりました。
なんとか食い止めようと、しばらくは本業と並行して記事更新を頑張っておりましたが、不慣れな事もあり、1記事を作成するのに3時間~5時間とあまりにも時間がかかってしまい本業にもかなり支障でてしまいました。

どこか代わりに記事を作成してくれる会社はないかなぁ~
と探してみると、たくさんの会社が見つかりました。

どこの会社のHPにも良さそうな事が書いてあり、どこの会社が良いのかわからなかったので、とりあえず御社を含めて3社に同じ内容で依頼しました。
2週間ほどで記事が納品されましたが、御社に書いていただいた記事のクオリティがダントツ高かったです

こちらの依頼した趣旨をしっかりと理解していいただいた上で、内容も充実していたので、HPに掲載する際にほぼ手直し不要でそのままアップ出来ました。

残りの2社に納品していただいた記事の中には、依頼した内容と趣旨がずれていたり、同じ文章が繰り返し使われていたり、文字数を稼ぐために日本語としておかしな文章が納品されたりとヒドイものもありました。
他社は、御社と比べて料金は少し安かったのですが、まさに「安物買いの銭失い」状態でした。

おかげ様で御社に書いていただいた記事をHPにアップしていくと、徐々に検索順位も戻ってきました。

今後も作成をお願いしたい記事が出てくると思いますので、よろしくお願いします。

お問い合わせはこちら

お申込みはこちらから

執筆スタッフの意気込み

お客様と社会の双方にとって有効なコミュニケーション媒体となる記事

記事作成で心がけていること

スタッフ1
41歳女性

私が記事作成にあたって心がけていることは、「パブリックリレーションズの考え方に沿うものを」ということです。

パブリックリレーションズ(PR)というのは、20世紀初頭からアメリカで発展したもの。
米国でPRのバイブルとも呼ばれる書籍には、その意味が「組織体とその存続を左右するパブリックとの間に、相互に利益をもたらす関係性を構築し、維持するマネジメント機能」と定義されています。

つまりPRとは、組織(企業など)と、社会との、コミュニケーションの媒体となるということではないでしょうか。

ネット上にSEOのための記事を作成するということは、まさにこのPR活動に他ならないと思います
ですから、お客様と社会の双方にとって有効なコミュニケーション媒体となる記事とはどういうものか、ということを念頭に置いて、記事を書くようにしています。

お客様が社会に対して伝えたいメッセージとは何か、いま世間からはどのような情報が求められているのか。
大量の情報が氾濫するネット社会において、少しでも効果を生む記事を書くことができるよう、工夫を続けていこうと思っています。

当社のサービスについて

当社のシステムでは、複数のライターが同時に、同じテーマの記事を書くことも少なくありません。
ですから、同一テーマであっても、同じ記事は二つとありません。

このようにさまざまな視点から記事を書くことによって、当社サイトはパースペクティブな世界観の広がる、魅力的なサイトになっていると思います。
また他のライターの書く記事を目にすることで、刺激を受け、勉強にもなります。

日々の仕事の中で、ライター同士が互いに刺激や影響を与えあいながら切磋琢磨していることが、当社の強みなのではないかと思います。

お客様と社会の双方にとって有効なコミュニケーション媒体となる記事

記事作成で心がけていること

スタッフ2
29歳女性

記事作成の作業は大変だなと感じる事も多いです。

お客様から指定されたテキスト(キーワード)が自分にとって普段から馴染みのないものだった場合等は、まずそのテキストに関する情報を集めなければなりません。
お客様が実際に使用する文章なのでいい加減な事は書けませんし、誤った情報を記載する訳にはいきません。
なので、情報収集にはかなりの時間を費やします。
しかし時間を費やすと言っても無制限に時間が取れるという訳ではないので、その辺りの兼ね合いが慣れるまでは非常に大変でした。
また、テキストを文章の中にバランス良く分散させつつ不自然な文章にならないように書くのも難しいと感じています。

記事作成は文章能力が非常に問われる作業だと思います。
ですが楽しいと感じる事ややりがいを感じる事も多いです。
情報収集の段階で今まで知らなかったさまざまな物事を知る事が出来ますし、文章能力の向上にもつながります。

一番嬉しいのは、お客様から「頼んで良かった」と言って貰えた時や、「順位が上がった」と言って貰えた時です。
自分の書いた文章が役に立ったと思うと素直に嬉しいですし、もっと頑張ろうと思えます。

私が記事作成をする際に心掛けている点は、読みやすさと使いやすさです。
誰が読んでもきちんと意味が通じる文章を作成する事。
お客様がどのようにその文章を使用するにしても、使いやすいという事。
以上のような事を心掛けて日々記事作成に励んでいます。

まだまだ未熟な点が多いですが、どんなジャンルの依頼がきてもお客様に納得して頂ける文章を書けるよう努力していきたいと思っています。

オリジナリティーを意識して、自分なりの言葉でまとめた文章に

記事作成で心がけていること

スタッフ3
33歳女性

記事作成をしていて、自分にとって全く未知の内容は、一からその内容について学んで書いていかなければいけないので、時間もかかり、文章を作成するにも難しい作業となります。
それでも、書いた文章がお客様に喜んでもらえていることを耳にすると、嬉しく思いますが、それと同時に、どのあたりが気に入ってもらえたのか、全てあの文章でよかったのか、悪かった点などは無いかと心配になる部分もあります。

文章を書くときには、知識を他のサイトや書籍からとってくることもありますが、オリジナリティーを意識して、自分なりの言葉でまとめた文章にしています。
また、キーワード盛り込む文章では、なるべく自然にキーワードが文章内に盛り込まれることを意識しています。

今後、今までの経験も活かし、また更に今後様々な事を調べて知識の詰まった引き出しを増やし、それに加えて、時代の流れに敏感になり、新しく入る情報も加えた文章を書いていきたいと考えています。

その人の力になれば幸せだなと思ってます

記事作成で心がけていること

スタッフ4
33歳女性

記事を作成しているときに気をつけていることは、できるだけ元の情報に忠実にありたいということ、そして自分が思っていることを付加できればということです。

以前に比べて、私自身はテレビを見なくなりました。
ニュース等は朝昼晩とネットで確認するようになり、テレビの前にいるよりもパソコンの前に座ることが多くなりました。
インターネットではニュースの記事等はソースを確認できるので、同じ記事でも違ったソースのものを見つけることができ、比べられるのが面白いです。
また、口コミ等も、よい面悪い面の両サイドを調べられるのがネットのいいところだと思います。
分からない言葉はWikipediaで調べることができ、受け身ばかりの情報よりも自分で調べる方が性に合っているのかもしれません。

記事作成で具体的心がけていることは、できるだけお客様のサイトの事例をみて書いたり、私自身が経験し感じたことを書いています。
なので、お客様の事例が豊富なサイトだと記事を書くのがとてもスムーズです。

一方、自分の経験したことのない知識についての紹介は書くのがちょっと時間がかかります。
きちんと調べて書きたいからです。
色んな情報がありますが、できるだけ信頼できる記事を書けたらと思っています

書いていて嬉しくなることは、こんなものがあったのかと記事作成を通して新たな発見をすることです。
自分ではきっと調べない事柄にぶつかることが多々あり、色んな視点を貰っていると感じます。

逆に苦しくなるときは、実は日常生活にある人の不幸な問題について書くときです。
病気や借金、犯罪や事故、離婚など、苦しんでいる人が見えてきて、どうにか出来ないのかと悩みつつ書いています。

いろんな記事を書かせてもらっていて、誰かが自分の記事にたどり着いた時、その人の力になれば幸せだなと思ってます。

読み手に魅力を感じてもらえるものを

記事作成で心がけていること

スタッフ5
38歳女性

400文字程度の文章作成と聞いて、最初は400文字にどの程度の情報を盛り込むことができるかピンと来ませんでした。
自分の得意なテーマであれば400文字を優に越えてしまって、逆に他の記事とのバランスが取れなくなってしまうし、不得意なテーマであるとなかなか400文字まで到達することができずに行き詰まってしまうことが多くあります。
文字数の制限が一番難しいところかもしれません。

自分の経験や見聞があるテーマはそれに基づいて肉付けするようにしています。
全く未知のテーマに対してはネットで検索、その検索したものがそのものズバリにならないように参考程度に情報を得て肉付けしています。

文章作成においてはくだけた言い回しであっても、日本語として正しく通じるか、特に「れる」ではなく「られる」の表記にすることなどにこだわっています。
また読み手が理解できるような文章になっているかどうかは常に気をつけています。

1000文字以上の記事には苦労することが多いです。
そのテーマが全く自分の未知のテーマだった場合は特にそうです。
ネット検索だけでは間に合わなくて、借りて本を読まざるを得ず、正直「きついな。」と思うこともありましたが、別の見方をすればこんなチャンスがない限りそのテーマについて勉強することなど一生涯なかったと思います。
今後もこういった自分の未知のテーマがある度に博識になれるチャンスだと思って取り組んでいきたいな・・・と、思いました。

毎日順調に書き進められるわけではないとは思いますが、自分自身が知恵を絞り尽きて枯渇しないように、またマンネリ化しないように、本を読み、情報を得、読み手に魅力を感じてもらえるものを書けたらいいなと思います。

できるだけ読み手を惹きつけられるものにしたい

記事作成で心がけていること

スタッフ6
40歳男性

私が記事を書く際のモットーは、できるだけ読みたくなるような内容に仕上げるように、自分の知識を総動員することです。

まずテーマを考えるのですが、過去の経験を振り返ったり、最近聞いた情報を思い出したりして、大まかなストーリーの流れを考えます。
私の場合、過去の仕事での経験や、最近話題になっていることを盛り込むことが多いです。
昔、一人旅で国内各所を周った経験が結構活きることもあります。
ここが一番の悩みどころです。いわゆる産みの苦しみですね。
特にタイトルは、できるだけ読み手を惹きつけられるものにしたいと考えています。
タイトルが面白くないと私自身、そのブログを読みたいとは思わないので。

テーマと大まかな流れができると書き始めるのですが、ここでは自身のブログを書いているイメージで、できるだけ楽しく読んでもらえるものをと心掛けています。
書き始めると私の場合は、ほぼノンストップで書き終わります。
文章を考えるのは昔から割と好きだったので、書きながら気分が乗ってくる感じです。
書き終えた後は、一通り読みなおして校正をするようにしています。
同じ内容が重複していないかとか、句読点がなくて読みにくい箇所がないかなどです。

5年以上SNSを続けており、国語が好きだった私には合っているお仕事だと考えています。
今後は、情報が枯渇しないように普段の生活から色々と視野を広げ、他人との会話や、ニュースなどの情報を積極的に取り入れていきたいと思っています。

それらはお仕事だけでなく、自分の人生にも良いスパイスになるのでありがたいことです。

人の心に少しでも残るような文章を作成できたら、いいなと感じています

記事作成で心がけていること

スタッフ6
35歳女性

文章作成について、常に気を付けていることは、読む方の立場に立って、興味を持ってもらえるような内容にすること、読む方が不快に感じる事の無いように言い回しに注意することです。

日々の文章作成ではテーマやキーワードは分野を問わず、幅広いので、この仕事を始めてから、常にアンテナを張って、世の中のニュースや流行り、人々がどんな事に興味を持っているのかなどを、意識して生活するようになりました。
なるべく多くの情報を仕入れておくことによって、文章を書くときにもネタ作りに活かすこともできます。

テーマによっては、あまり知識がなかったり、文章にしづらいものもあり、苦戦する事もありますが、今まで知らなかった分野や興味のなかった分野の事についても、調べながら作成することにより、少しずつですが、知識も増えていっている事は自分自身にとっても糧になっていると感じています。

特に、テーマを深く掘り下げる記事作成や、大規模サイトの作成などでは、一つの事について、かなり詳しくなることができると思います。
また、頭の中で文章を組み立てるスピードも、少しずつですが早くなっているように感じています。

今後は、まだまだ未熟な文章力を少しずつ磨けて行けたら・・と思っています。
そして、知識や引き出しを増やして、人の心に少しでも残るような文章を作成できたら、いいなと感じています。

オリジナリティのある内容を、エンターティンメントの精神で書く

記事作成で心がけていること

スタッフ7
54歳女性

記事作成に当たって気をつけていることは、第一にオリジナリティのあるおもしろい内容を、エンターティンメントの精神で書くということです。
親しい人におもしろい話を聞かせて楽しませ、もてなすような、そんな気持ちで書くことを心がけています。

多くの記事を書くので、内容がかぶらないように、興味深いネタを拾うことも日常的に気をつけていることです。
カフェや電車内で聞こえてきた会話、出来事、新聞や本や映画やドラマの話題など、四方八方興味を全開にして、おもしろい話、奇妙な話、人を引き込む話を自分の中にどんどんストックしていきます。
もちろんクライアント様から、事業説明・紹介をしてほしいというご要望や、逆に宣伝的な内容にしないでほしいというご要望があった場合は、ご趣旨に沿った文章を書いていきます。

第二に、読みやすい文章を書くということです。
正確な文章をワンセンテンスごとに短く、たたみかけるように書いて、読む人の頭に入りやすいよう工夫しています。
改行や行明けなど、記事のレイアウトにも気を配って、視覚的にも読みやすいデザインになるようにしています。

第三に、いろいろな立場の方がいらっしゃるわけですから、読んだ方が不快にならない文章を心がけています。
おもしろい内容にするといっても、批判を浴びるようなものでは困りますから、良識や常識からはみださない内容にすることは、一番重要なことだと思っています。

以上の三点を課して、あとは頭でこねまわさずに自然な流れで出てくるものをまとめていくと、読みやすい記事になるようです。

読み手を意識した、分かりやすく、魅力的な記事作成

記事作成で心がけていること

スタッフ8
20歳女性

記事作成をしているうえで楽しいことは、様々な情報に関する、深い知識を持つことが出来ることです。
記事作成の仕事をしていなければ目を通す機会のなかったようなたくさんの情報に触れることが出来、世界が広まりました。

難しいと感じることは、「正しい情報を読む人に提供する」という大前提に立ったうえで、魅力的な文章に仕上げることです。
記事の中に盛り込まれている情報がいかに良質なものであっても、書き方次第で、情報の魅力は半減してしまいます。

情報収集とは、ただ知識を頭に詰め込むことではなく、仕入れた情報を理解し、自分のものにすることです。
情報が「自分のもの」になった時、はじめて魅力的な文章を書くことが出来ると感じています。
ですから、情報収集の際には、情報を自分の頭の中で理解、整理することに時間をかけています。

わたしにとって文章力とは「難しいことを分かりやすく説明する力」です。
読み手を意識した、分かりやすく、魅力的な記事作成をこれからも心がけていきたいです。

記事はお客様への大切な商品です

記事作成で心がけていること

スタッフ9
38歳女性

記事作成を経験していて感じていることは、色々なテーマやキーワードを使ってものごとを調べる事によって、自分の知らない様々な知識が身に付いたことが、記事作成をする上で自分にとっても大変良い経験となっています。
またそういった経験をすることで、記事作成の意欲に益々拍車がかかるのではないかと思っています。

また文章を作成している上で気をつけていることは、文章のイメージを大事にしていることです。
SEOにとって、文章そのものがお客様への大切な商品だと思っています。
ですからお客様が文章そのものに興味を持って読んでいただけることを第一に考えて文章を作るように心がけています。
言葉の言い回しや問いかけなど、お客様が文章に引き込まれる様に常に意識をしています。

今まで作成してきた記事は、美容や健康、医師や看護師転職、探偵事務所などがあり、どれもやりがいがあり、楽しく作業することができました。これからも様々な分野に目を向けてお客様のお役に立てるような、喜んで頂けるような記事作成をしていきたいと考えています。

キーワードをいかに上手く記事に盛り込むことができるか?を意識して

記事作成で心がけていること

スタッフ10
39歳女性

文章作成の仕事をはじめて約2ヶ月。
楽しい部分もあり難しい部分もあります。

ふだんの記事作成で注意していることは、お客様から指定されたキーワードをいかに不自然ではない感じに記事に盛り込むことができるか?
自分になじみがあるキーワードの場合は、直観力、閃き生かし、自分の言葉で思いついたままを書くようにしています。
勢いで書くので短時間で終わります。

ところがキーワードによっては初めて聞く言葉や専門性の高いものがあるので、その際は調べ物をする分時間がかかってしまいがち。
詳しくないキーワードで記事を作成する場合は、調べ物をした文献の中から文章を構成しなおすと言う書き方をしています。

それと気をつけているのは、「文章としておかしくはないかどうか?」ということ。
作成後は見直して、変なところは気付いた時点で直すようにしています。

また勢いで書いていると、うっかりと字数を超えてしまうことが多く、その際は泣く泣くカットして指定された文字数にしています。

難しいのは同じテーマばかりで10記事、20記事の文章を書く作業でしょうか?
正しい情報を盛り込まなければならないので、そのテーマに詳しくない場合は本当に苦しいですね。

得意な分野はやはりブログ記事作成です。
特に旅行、観光、食べ物ネタが好きなので、ついつい記事の内容もそちらの方面に結び付けてしまいます。

楽しいと感じるのは、短時間で満足できる記事が書けたとき。
「やったー!」という気持ちになります。

ずっと前から文章を書くことを仕事にしたいという希望があったので、この仕事に就けたことは大きな喜びです。
これからも文章を書き続け、精進していきたいです。

どのようなかたが読んでも解りやすい文章作成を心がけています

記事作成で心がけていること

スタッフ11
54歳女性

小説やシナリオ、童話などを書いているため、文章作成にはかなり自信を持っていました。
しかし、キーワードを入れつつ字数を制限されながらもお客様のニーズにあった文章を書くことは、なんて難しいのだろうと日々感じています。

毎日書き進めていくうちに、「ああ、これは小説やシナリオなどの創作文章と同じなのだ」と、それぞれに共通点を見出しました。

小説などの一般的な創作文章は、自分の心の奥底にある心情を読み手にいかに解ってもらえるかが一番の勝負です。
それには、多少のユーモアとペーソスも必要です。
キーワードについての文章作成も、お客様の仕事に対する熱い思いを、パソコンのホームページやブログなどを通じて読んで下さる一般のかたへ伝えられればいいのだと思いました。
「これは面白いけれどなかなか深い文章だ」と思っていただけたら幸せです。

お客様は、医学や法律、建築や服飾関係、美容業界など、様々な分野で専門知識を用いて活躍、社会貢献をされていいます。
与えられたキーワードも、私がよく知っている言葉ばかりではありません。
言葉の意味をも含めて、依頼していただいたお客様の仕事内容や、一番表現したいことなどを調べることから始めます。
そして、できるだけ平易な文章で、多くの読み手が興味を持ってくれて心地よいと感じられる表現方法を心がけて書きます。

もしかしたら、小学生や中学生、高校生も読んでいるかもしれませんし、高名な政治家やその道の専門家が読んでいるかもしれません。
そう思うと、大変やりがいのあるお仕事だと思います。

一昨年亡くなられた劇作家の井上ひさしさんは、「難しいことを平易な文章で伝える天才」 といわれていました。
戦争を扱った舞台シナリオ(父と暮らせば)も、巌流島の戦いを描いた(ムサシ)も、暗くなりがちな重いテーマなのに、見た後でほっこりじんわりと心に沁みました。
キーワードをよく調べて工夫して書くということは、自分の感性や表現の方法を磨いてくれることに気が付きました。
普段書いているシナリオや小説などにもそれは生かされていますし、職人さんと一緒で、毎日文章を書くことで技術や感じ方も深くなっていきます。

毎日いただいているキーワードを調べて書くことは、私にとってはお仕事でもあるのですが、勉強をさせていただくためのチャンスでもあります。
これからも、いただいたキーワードについて、多くの人が楽しいと感じて興味を持って下さるような文章を作成していきたいと思います。

どのようなかたが読んでも解りやすい文章作成を心がけています

記事作成で心がけていること

スタッフ12
38歳女性

「情報は発信者次第で如何様にでもなる」 これが、私が記事を作成する上で、念頭に置いていることです。

これだけインターネットが普及している時代ですから、調べようと思えば何でも調べられますが、反面、情報が溢れすぎていて、取捨選択が難しい。
その上、正確さに欠ける情報も多数掲載されていたりしますから、受け取る側には手に負えません。
情報を発信する者こそが、根拠に基づいた正確な情報を発信していかなければいけないのだと肝に銘じ、常に真摯な気持ちで記事を作成することを心がけています。

時に、非常に難しいと思われるテーマを担当することがあります。
そんな時には、インターネットだけでなく、書籍等をフル活用したり、自分で実際に試してみたりと、下調べに普段の何十倍もの時間をかけてはいますが、そんな下調べは、楽しくもありますが、正直、結構ハードです。

一方、例えば、美容や健康に関することなど、このお仕事を始める前から興味があって、すでに自分の中に引き出しが沢山存在するものに関しては、あれもお伝えしよう!これも伝えたら喜んでいただけるのでは?と、引き出しをフル回転させながら、新しい知識も加味しながら、とても楽しく書かせていただいています。

まだまだ駆け出しです。
日々模索しています。
でもきっと、ベテランになっても模索し続けると思います。
それが記事を作成するということだと思っています。
日々模索しつつ、正確な情報発信に対して真摯な姿勢を貫きつつ、世の中に役立つ記事、心に残る魅力的な記事を作成していきたいと思います。

記事を読む方――ユーザーの方の視点に立つこと

記事作成で心がけていること

スタッフ14
20歳男性

その上でやっていることですが下記になります。

1.決定的な商品の評価は書かない
十人十色、人の好みはその人そのひとによって異なります。
商品・やサービスを強引に押し付けてしまうと反発なされる方もいらっしゃると思います。
押し付けるよりはユーザーに問いかけ、ご自身で考えてもらい、納得したうえで行動を起こしていただけたらなと思っています。

2.自分の思いや体験に絡めて書く
かといって、1だけでは、情報を求めて見ている方には無価値になってしまいます。
そこで、実際に自分が一ユーザーとなってみた場合どう感じるか。
もしくは、こういった体験がありましたなどを書かせていただいています。
体験をしていなければ、そのことについて調べ、自分なりに思ったことや感想などを正直に書き出しています。

3.出来事は創らない
代行を依頼される記事の商品・サービスなどは実際にあるものです。
記事を読んだお客様が、それらに興味を持っていただき実際に買ったり体験したとき。
ユーザーに全然違うなどとクレームなどを言われても、事実ですので正直にお話できます。

上記3点を基本としておけば、記事自体を作成する時間自体は大してかかりません。
なので、興味を持っていただけたり、面白く読んでいただけたらいいなと思い、記事の書き方は色々なパターンで書かせて頂いてます。
また、キーワードに関しては強引にたくさん入れるということはしていませんが、なるべく不自然ではないように入れれる限りは入れるようにしています。

日本WEBライティング協会のメディア掲載履歴

ページのトップへ