ど後発から挑む場合のポイント

ブログを始める場合、どうしても気になるのが先行者の皆さん。

同じジャンルで情報発信を始めても…と、つい萎縮してしまいます。

でも、そんなことを言っていたのでは、何もできなくなってしまいますよね。

そこで、やって欲しいのは、徹底した競合分析。

まずは競合と思えるサイトやブログを徹底的に分析をしてみましょう。

競合分析は、内容的に勝てるかどうかという視点と、SEO的に勝てるかという視点で考えなければなりません。

内容的に勝つということは、勝てる切り口を見つけ、自分が書き続けることができ、
読者に見つけてもらえるかどうかということです。

まずは、そのサイトやブログに何か勝てる要素はないかを必死に考えてみてください。

テーマが同じでも、切り口を変えたら、打ち手は無限にありますからね。

ターゲットを変えてみる、自分の立ち位置を変えてみる、到達点を変えてみる、
伝え方を変えてみる…。
いろいろ考えてみましょう。

そして、何か勝てる切り口を見出すことができたら、
そのテーマのその切り口で自分が書けるかを自問自答してみてください。

ただ書くのではなく、書き続けることができるのかです。

無理をすると書き続けることはできませんので、
何かモチベーションの源泉がみつかったら最高ですね。

そしたら、あとはその切り口にニーズがあるかどうかです。

その情報を求めている人がいるのかどうかをしっかりと確認してみてください。

リアルで、そのターゲットに聞いてみてもいいですし、Yahoo!知恵袋などで調査してもいいでしょう。

何となく、ニーズがあることを確認できたら、今度はその切り口で探される場合のキーワードを想定し、
実際にそのキーワードで検索してみます。

検索結果の1ページに表示されるサイトやブログにSEO的に勝てるのかどうかですね。

SEO的に勝てるかどうかに関しては、私は専門家ではございませんので、ここでは割愛させていただきますが、
そこで勝てなければ意味がないということは覚えておいてください。

そこまでの調査をして、『勝てる!』と踏んだら、どんどん書いてアップしていきましょう。

どうしても、インターネットでは先に発信したものが先行者利益を享受しやすい
仕組みになっておりますが、それで諦めてしまったら、いつまでたっても前には進みません。

そこで立ち往生するぐらいなら、先行者を丸裸にして、勝てる切り口、入り込める隙間を見つける努力をしてください。

何でもいいので楔を打ち込めたら、まずはそこで第一人者になって、
そこから幅を持たせつつ、先行者とガチンコで勝負を挑んでみましょう。

何事も、No1が一番美味しいですからね。

最終的には、やはりそこを目指していかないと!

山田理事のブログ⇒ http://ameblo.jp/shuppanproduce/
ケイズパートナーズ⇒ http://shuppanproduce.jp/

カテゴリー: 理事ブログ パーマリンク