アクセス数と収入の相関関係とは?

アクセス数(閲覧数)が収入に直結するというのは、
ユーチューバーの例で、広く知られるようになりました。

確かに、一般的にいえば、アクセス数を集めれば集めるほど
収入になります。
ただし、完全に比例するわけではなく、
サイトの内容、広告内容、閲覧者の特性などによって大きく
変わります。

ユーチューブの場合、平均値でいえば現在100アクセスに対して
5円ぐらいと言われています。
つまりひとつの大きな目標である100万アクセス集めれば、
5万円ぐらいということになります。

以前はこの2倍ぐらいあったのですが、最近は運営側が単価を
どんどん下げる傾向にあります。

その理由はユーチューブで稼げることが広く知れ渡るにつれて、
安易に作成する中味の乏しい動画が増えて、
反応率が下がってきたことによると思われます。

次にブログはどうでしょうか?

ブログはユーチューブ以上に内容に依存します。

1つの指標として挙げられるのが、
アメブロが有名人のブログに対して確約している単価。
これは100アクセスに対して3円とのこと。
ユーチューブと近いですね。

ただ、有名人ブログは有名であるだけで、特別な内容でなくても
大きなアクセスを生むことができます。
月間でいえば、1千万アクセスは珍しいことではなく、
1億アクセス以上もあるぐらいです。

上記基準からすると、1千万アクセスで30万円、
1億アクセスで300万円です。

この金額は運営者が利益を抜いた後の金額なので、
実際にそのブログから得られる収益は、それよりかなり
大きい(1.5~2倍)はずです。

週刊誌(FLASH)に報じられた例で、
ブログ収入ランキング1位として辻希美が挙げられています。
ネット上で、2013年に報じられた結果と2015年の結果が
出ています。

2015年の結果でいうと、、

その金額、月収610万円!!

これから計算するとアクセス数は月間1億8千万ぐらいでしょう。

辻希美は1日数回、写真入りで日常にあったことを
投稿しているだけで、この収入ですから驚きますね!

興味のある方は、「芸能人ブログ収入」で検索してみてください。
ベスト10が出てきます。

収入1位が辻希美であることや、ベスト10の顔ぶれを見て分かることは、
以下に有名かとか、いかに好かれているかはあまり関係ないということ。

もちろんある程度全国的に有名でなくては上位10位になりませんが、
重要なのはいかに一生懸命更新しているかです!!

また今話題の松井一代。
さすが女優で、内容はともかく
ユーチューブでの話し方や動画の挙げ方がうまいですね。

既に10動画合計で500万ぐらいのアクセス数です。
上記計算でいえば、25万円ぐらいということになります。

次にグーグルのアドセンス広告。
これは、申請して承認されれば、サイト内容に沿った広告が
自動で配信されるシステム。

こちらの割合はかなり良いです。

内容により差はありますが、
だいたい言われているのが、
100アクセスに対して30円ぐらい。
100万アクセスだと30万円になります。

ただし、この率の収益を上げるためには、
人気が出る質の高いオリジナル記事を多く投稿する
必要があります。

でもこういう目安があると、目標にしやすですね!!

また、アクセス数が収入に直結するのは、
検索エンジンの大元グーグルも同じ。

書籍「ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち」(光文社新書)
で、下記の分析が行われています。

2013年にグーグル検索が122億回行われています。
その広告収入が46億9000万ドル。
これは検索1回当たり0.38ドル(現在の為替で42円)

つまり単純計算でいえば、検索1回につき、
グーグルは42円儲けていることになります。

ビックリですね!
まさに打ち出の小槌です!

うがった見方をすると、炎上して検索が増えれば増えるほど
収入が増えるということ。

この本でさらに書かれているのは、「史上最悪の炎上」
で有名なジャスティンサッコ事件では、120万回の検索があったと。
単純計算でいうと、これで45万6000ドル(約5千万円)の収入!
(ただし、コンバージョンの低い検索なので、実際はこの1/4ではないかとの予想)

結局、平たく言うと、アクセス数はパワーであり
収入に直結するということです。

だから、ユーチューブでもブログでも「炎上商法」
が盛んになるのです。

このような裏の仕組みを分かっていると、
利用者として世の中の動きをつかみやすいですね。

それより重要なのは、あなたがあなたを活かすこと!

あなたの特長を活かして、たくさんのアクセスを生む方法を
ぜひ考えて下さいね!!

カテゴリー: 日本WEBライティング協会代表ブログ パーマリンク