書いた文章の推敲:山田理事

書いた文章は、必ず、チェックをするようにしてください。
あなたが、どんなに凄い書き手であったとしても、
必ず、推敲はするようにしてください。

推敲でチェックするのは、基本的には部分です。

・文章の言い回し
・句読点の位置
・誤字脱字
・表記統一
など

推敲をする場合、オススメなのが音読です。
少し早口で音読をし、句読点では多めに間をとるようにしてください。

学生時代に国語の授業で音読をしたとき、
やたらと感情移入をして読む子がいたと思いますが、そういうイメージです。

それを少し早口にすることで、ヘンな言い回しで引っ掛かります。
そして、句読点を多めに間を取ることで、
句読点の位置の違和感を解消することができます。

これをできたら、文章を書いた翌日とか、少し時間を空けて行うようにしてください。

文章を書いている時には、
いろいろなフレーズが頭に浮かんでいると思いますし、
書いた文章を何度も読み返しているはずなので目が慣れてしまっており、
新たな気持ちでチェックすることができないのです。
とくに誤字脱字のチェックを行う場合は、
一回、リフレッシュした方が見つけやすいので、
とくに時間を空けることをオススメいたします。

あとは、表記統一ですね。
表記統一というのは、
「サーバ」と「サーバー」を混在させてしまったり、「行う」や「行なう」といった、
送り仮名が違ったりすることを意味します。
表記のゆれとも言いますが…。
これらは、どちらでも構いませんが、
どちらからに統一しておいた方が読みやすいですね。
表記統一のチェックは、Wordの機能でもありますので、
目でチェックするよりも、Wordの機能を使って、
機械的にチェックした方が効率的だと思います。
Wordでチェックする場合、リボンのタグで「校閲」をクリックして、
「表記ゆれチェック」をクリックするだけです。

あとは、ブログなどで公開したら、
開く度に読むクセ、
違和感があったら後回しにはせずにスグに直すクセを付けましょう。

山田理事のブログ⇒ http://ameblo.jp/shuppanproduce/
ケイズパートナーズ⇒ http://shuppanproduce.jp/

カテゴリー: 理事ブログ パーマリンク